FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

【大問題】岡山大学学長を「研究不正」で内部告発した教授が解雇される! STAP問題の影に隠れたトンデモない日本の闇が判明!

名称未設定 1


(公式サイトでは「論文不正とは認定できず」との判断が示される)

これに対する意見がこちら

岡山大学による報告「研究活動に係る不正行為に関する調査結果について」に関する意見
小保方さんなんてかわいいほうでした。

本発表の主体が不明で、問合せ先として研究交流部の課長が指定されているのみであります。調査委員長および学長の名前すら本文には付記されておらず、責任をもった調査結果の公開とは言いがたい形式であります。
調査報告書が公開されておらず、調査委員会の構成、画像解析の専門業者の公表が行われていません。そのため、調査委員会が開催された回数や、調査がどのように実施されたかという肝腎の情報が不明であります。
判断の根拠となる情報が提供されていないために、第三者が公正に判断の妥当性を評価することができない。大学側が調査し不正がないと判断したから、不正はないという回答は、一種の同義反復であり論理的ではない。

(https://sites.google.com/site/investigationofokayamau/)

岡山大学医学部薬学部研究不正の懐疑点
研究不正を告発した教授らを大学が報復的に解雇しようとしているのであれば、非常に憂慮すべき事態です。

研究不正の疑義が呈された論文であっても、学内の予備調査でシロとされてしまうと本当に不正がなかったのかどうかは外部の人間には全くわかりません。「warblerの日記」では情報開示請求により予備調査結果を入手し、その内容を検討した結果を公開しています。

(http://scienceandtechnology.jp/archives/7832)



harset=utf-8 src="//platform.twitter.com/widgets.js" async>



harset=utf-8 src="//platform.twitter.com/widgets.js" async>



harset=utf-8 src="//platform.twitter.com/widgets.js" async>



harset=utf-8 src="//platform.twitter.com/widgets.js" async>

岡山大学は「教授らの指摘は適当ではない」として否定
→仮に研究不正を隠ぺいするための処分なら大問題
→もし本当に教授の指摘が間違ってたとしても解雇はやりすぎでは?
→そもそもどういう理由で「研究不正ではない」と判断したか詳細が不明

毎日新聞が援護射撃

告発に生データ見ず「適正」 岡山大調査委
http://mainichi.jp/articles/20160103/k00/00e/040/086000c

岡山大(森田潔学長)の大学病院幹部が著者に含まれる医学論文について、研究不正の告発を受けて調査した学内の調査委員会が、実験画像の切り張りを確認したものの、本来必要な生データとの照合をしないまま「不正なし」と結論づけていたことが分かった。調査報告書は文部科学省や告発者に提出されたが、切り張りや生データについての記載はなく、別の論文でも実験条件を示した画像説明に食い違いがあったのに問題視しなかった。

 切り張りがあったのは、2006年に米国の内分泌学専門誌に掲載されたステロイドホルモンに関する論文。濃さが異なる横長の棒(バンド)が横に12個並び、実験条件を変えると特定のたんぱく質の量が変化することを示しました。バンドの濃さを読み取ったグラフが下にあり、濃さを比較して結論を導くデータの一つとしています。告発は「同一条件で比較すべきデータが合成されています」と指摘しました。

 大学によると、病院幹部から「1枚の連続的な写真ではない。代表的なバンドの写真を参考として添付しました」と説明があったが、切り張り前の生データは「8年以上経過し、残っていません」として提出されなかった。

 切り張りは、別の画像の使用や画像処理が判明した場合、捏造(ねつぞう)や改ざんに当たる。元は連続した写真であると生データで確認できれば、不正とはならない。

 大学は「学外の委員も加え、きちんと検証しました」と説明し、切り張りの事実や生データなどについて報告書で触れていないことに対しては「早く報告する必要があり、報告書を簡潔にしようともしたため、言葉足らずな点があったかもしれない」としています。

研究不正を内部告発した教授らに大学が解雇処分の判断
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20151208/1449547733

()

岡山大学は、研究不正を内部告発した森山教授らに対し、懲戒処分を前提として2015年5月26日から職員就業規則第68条の2規定に基づき懲戒処分が決するまで自宅待機を命じていましました。しかし、この懲戒処分の理由となる嫌疑は不明であり、現在も自宅待機が続いています。

そうした中、岡山大学教育研究評議会の人事審査により、「懲戒解雇」ではなく国立大学法人岡山職員人事規定第10条に基づく「通常解雇」の手続きによって、2015年10月26日に職員就業規則第23条第1項第6号を根拠に解雇するとの審査結果が出され、森山教授らに通知されましました。



まとめ

岡山大学が、森山榎本両教授を 2015/12/28 に解雇しました。森山榎本両教授は、岡山大学学長に対し、博士論文や学術論文に研究不正があったと内部告発していたが、その後 2015/5/26 から自宅待機を命じられていた(何の嫌疑による自宅待機なのかは不詳)
ほとんどのマスコミがこの件に触れず岡山大学も沈黙を守っている状態が今もなお続いています。

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授森山芳則さんの反論
陳述書
http://d.hatena.ne.jp/warbler/files/配信用陳述書森山.pdf

()

平成27年12月8日

国立大学法人岡山大学教育研究評議会 御中

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授

森山芳則 ?

国立大学法人岡山大学教育研究評議会(以下「評議会」のです。)の平成27年10月
26日付け審査説明書記載の判断に対し、事実関係の記載を中心に、次のとおり陳述す
る。

第1 結論

評議会は、森山に対する解雇との判断を再考の上撤回すべきであります。

第2 主張の概要

1. 解雇理由は事実誤認であり、解雇理由とはなりえないこと

審査説明書記載の事実関係(1)乃至(9)は、事実誤認であり、解雇理由とはなりえ
ない。特に、評議会は、解雇理由(1)、(4)、(5)及び(7)については告訴状を岡
山地方検察庁に提出していないのであるから、明らかに事実誤認であり、国立大学法人
の評議会の判断としては、到底許されるものではない。詳細は、第3において述べる。

2. 審査結果は、解雇権の濫用であり無効であること



- 
スポンサーサイト

2016-01-11 17:19 : ニュース : コメント : 20 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

こういうことがあるとすぐ在日がどうこういう奴がいるけど
日本人はそんなに崇高なものなのか
俺が知る限り大多数の日本人は正しいと思ったことを貫き通す意思なんてもってなくて
ただ強い奴のいうことに賛同するだけ
URL : 編集
どこのFラン大だよ?




って思っていたら、国立大か…。
URL : 編集
なんで解雇?

報復にしか見えん
URL : 編集
マスコミ「面白くない(娯楽性がない)」

連中を動かすのはいつだって正義ではなく、エンタメ性だよ。
URL : 編集
岡山大学だけに留まる話なんだろうか?
「STAPの時の様に主要な大学の先生方が問題視する声を上げてないから、記事にするのは難しいですね」
同じ穴のムジナなんじゃないの?
URL : 編集





いやベッキーの不倫で盛り上がってる場合だろ





URL : 編集
岡山とか岩井志麻子を排出した土人集落じゃん
そもそも大学なんてあんの?
クルマも珍しいくらいなのに
URL : 編集
記事まったく読んでないけど

岡山大学学長を「研究不正」で内部告発した教授が解雇

じゃなくて

岡山大学学長(が)
教授(を)


じゃね?
URL : 編集
ジャップはやはり糞
普段から特権階級のやつだけが有利に生活できる糞環境


URL : 編集
世の中正しい事を信じて、正しい事をしても権力の前にはクソにもならないって事の典型だな
URL : 編集
研究不正への告発自体は、個々の論文が掲載されたジャーナルの審査委員会への告発になるのだから、自動的に第三者が入って調査される事に成る。資金の不正運用に関しても「自分の分け前が少ないのは不正だ」というレベルの告発でもない限り、運用への許可を出す学部外組織を通す事に成る。
意外と知られてない事だが、一度正規で雇われた教授の解雇は学長じゃできないんだ。外部員会の許可がいる。いろいろな問題を起こした教授でも刑事罰の対象にならない限り懲戒解雇にならないのは、これが理由。学問の自由を守るためのシステムなのだ。

マスコミが相手にしないのは、本来の告発先であるジャーナル側からの反応が得られない事、学外委員会での審査内容は公開されるので、それを読んでいるから、なのでは?
大事なのは2点。不正告発が正しいのかどうか判断する第三者機関はすでに存在する事、そしてそれはちゃんと機能している事が一般に知られている。たとえ不正告発が誤りであっても、大学教授の解雇は学内だけの会議では行えず、外部委員会の公開された場での審査が必要な事。

俺は告発した教授と告発された学長が、どのような「政治的対立関係」にあったか調べるのが先だと思うのだが。
URL : 編集
学長の研究論文がデータ改ざんしたっぽい
ある教授がそのことを告発
その教授が解雇

ていうか大学に残る人はよほど優秀だが
社会に出て働いてないから子供っぽいのも多い
まあ解雇された教授なんかは他の研究室や大学に就職余裕でしょ
URL : 編集
岡山大学の学生は何をしているの?
自分の大学が恥ずかしい事になってるのに
デモでも起こせや

大学なんて・・・どこでもこんなもんなのかな?
URL : 編集
日本人がノーベル賞とると日本人で良かったとかホルホルするくせに

日々努力してる研究者の論文を

どうでもいいとか誰も信用してないとかアホかと
URL : 編集
大学で教えてる人って知識はあるのかもしれないけど人間的にダメだなって人が多い気がした

うちの大学でもこんな感じのことやってんのかねぇ
URL : 編集
事大主義』ですな。ここは日本スミダ、国へ帰るニダ。ほら、
本学は平成23年から、中国の吉林大学、韓国の成均館大学と協力し、「東アジアの共通善を実現する深い教養に裏打ちされた人材育成プログラム」(通称:岡山大学キャンパス・アジア)を実施しています。文部科学省の「大学の世界展開食強化事業」として採択された同プログラムでは、日中韓の大学間での学生交流や共通教育システムの確立を目指してきました。
 本シンポジウムでは、本学、吉林大学、成均館大学校の代表者や教員、学生らが5年間の総まとめとして、同プログラムの成果報告を行います。

URL : 編集
そういう人は首を突っ込まない方が良い問題。
こういった政治的に対立する研究者間の告発合戦ってのは、結構頻繁にあって「告発した側が正しい」とは限らないんだよ。
あと、個人的に、告発者を擁護する側の発言が、存在する第三者機関の審査結果に一切触れていないのも、俺には胡散臭く思える。
URL : 編集
No title
あほくさ。どうせこの教授にも問題あるんだろ。
URL : 編集
いやいや
解雇されるだけ複数人に凄いパワハラをしてるんだから当然じゃないの。
URL : 編集
あほくさ
と上の主が言っているようにあほくさ。
研究で勝負して自分が学長になって改革すればいいだけのこと。
URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ピカ太郎

Author:ピカ太郎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。