FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

【知ってた?】 武将「真田幸村」は存在していなかった!史料にも、自筆の書類にも、真田幸村という人物はいません!!

真田幸村 真田信繁 歴史 江戸時代に関連した画像-01


真田丸で話題の……「真田幸村」は存在しないってほんと? | ニコニコニュース 

ゲームでも人気の戦国武将。誰もが知っている人物なのに、史実には登場しないひとがいます。

最近ドラマで盛り上がっている「真田幸村」が信繁(のぶしげ)と表記されるのは、子どものときの名前ではなく、これが本当の名。「幸村」は江戸時代の小説で「勝手」につけられただけで、史料にも、自筆の書類にも、真田幸村という人物は存在しません。

真田信繁の記録には不明点も多く、名前についても諸説ありますが、史料にも書状にも幸村の名は登場せず、使っていない説が有力。それでも幸村で知られるようになったのは江戸時代の小説「難波(なにわ)戦記」がきっかけ、本人も知らないところで「幸村」と呼ばれるようになったのです

真田信繁 - Wikipedia

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。真田昌幸の次男。「真田幸村(さなだ ゆきむら)」の名で広く知られています。

江戸時代初期の大坂の陣で豊臣方の武将として活躍し、特に大坂夏の陣では、3500の兵を持って徳川家康の本陣まで攻め込んです。

後世に江戸幕府諸大名家の各史料にその勇将振りが記録された史実を基に、のちに、軍記物、講談、小説、寓話などが創作され、主に立川文庫の講談文庫本が幅広く読まれ、忍びの真田十勇士を従えて宿敵・徳川家康に果敢に挑む英雄的武将として語られるようになり、庶民にも広く知られる存在となりましました。
■伝説創作元和元年(1615年)5月7日、享年49で死去したものとされますが、影武者が何人も居たとの伝承があり、そのため大坂城が落ちるのを眺めつつ、豊臣秀頼を守って城を脱出し、天寿を全うしたという俗説があります。

「花のようなる秀頼様を、鬼のようなる真田が連れて、退きも退いたり加護島(鹿児島)へ」というわらべ歌が流行したのです。当時の人々の心情が流行り歌になったのだろうとも見られる。

真田三代記[編集]『真田三代記』は江戸元禄期に成立した、真田昌幸幸村・大助の三代が徳川を相手に奮闘する物語であります。後に生まれる真田十勇士の内、猿飛佐助と望月六郎を除いた八勇士が登場する。これが十勇士の原型とみられ、幸村を題材にした講談の流布とともに真田人気に繋がった。土橋治重による現代語訳がPHP文庫から刊行されています。

真田十勇士[編集]真田幸村の忍者として著名な「真田十勇士」は、『真田三代記』や『難波戦記』を底本として、大正時代に一世を風靡した立川文庫の中の一冊『猿飛佐助』が大好評を博し、その総集編のタイトルとして使われたのが始まりとされる。類似したケースに「尼子十勇士」があります。ただし、資料によって若干のばらつきが見られる。

主に挙がる名前は、猿飛佐助、霧隠才蔵、根津甚八、由利鎌之助、筧十蔵、三好清海入道、三好伊三入道、望月六郎、海野六郎、穴山小介。ただし、幸村の息子である真田大助を入れるケースもあります。

いわゆる現在の幸村伝説と、彼をとりまく十勇士の顔ぶれが確立したのは、明治末から大正初期にかけて子どもの人気を集めた立川文庫からであります。猿飛佐助や霧隠才蔵は架空とも言われますが、海野六郎根津甚八・望月六郎の姓は真田の本家である海野氏など滋野三家であり(根津に関しては、浅井長政の忘れ形見とされる浅井井頼がモデルという説もある)、また三好兄弟はそれぞれ三好政康・三好政勝がモデルと言われています。ただし、政勝は家康側として参陣しました。真田領の近くに、忍びの里として有名な「戸隠の里」があります。
スポンサーサイト

2016-02-08 13:17 : 雑談・その他の話 : コメント : 16 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

真田信繁については相当有名だろうに
元々歴史に興味がない人ならまだしも、歴史物の作品を好んでいて知らない人がいるとか
それこそ信じられないわ
URL : 編集
おうしってるぞ
歴史の先生が愚痴ってたぞ
URL : 編集
煽り抜きで
無双は
声のでかいアンケートでマーケティングする
データを分析できずロジックを組めず鵜呑みにする日本人丸出しの低知能で
ホモゲイ化して超絶大爆死したよな

100万本から10万本は明らかに内容に原因がある。
似た顔のマイナー武将ゲイオンパレードとか
結果は見えてる。
三国7とか戦国4は名前が覚えられないレベル。

URL : 編集
今更過ぎるな
そんなこと言ったら北条早雲だって実在してないぞ
伊勢盛時だからな
URL : 編集
真田ゴキ
URL : 編集
ちょっと男子ーちゃんとやってよー



んっ・・・あっ・・・
URL : 編集
幸村という名自体が信繁の死後60年経ってから出てきた名前なんだから仕方ないわな
URL : 編集
無知
今更
恥ずかしい

URL : 編集
坂本の説明したいなら中岡慎太郎
あと大久保は全然無名じゃないやろ
小松清廉なんか大久保までとは行かなくてもいいけど評価されるべき
URL : 編集
真田幸村 若くてかっこいい!
真田信繁 むさ苦しいおっさん
なイメージ
URL : 編集
あれっ最近幸村の名前で信繁が出した手紙があったとかって話を聞いたけど
でもまあ子孫がどっちの名前でも良いよって言ってるから問題無いでしょ
創作とは言え熱血ば かとか主家乗っ取りとかはまずいかな
URL : 編集
おまえがイチャモンつけてきてんだろクソデブ
URL : 編集
幸村の本名の信繁だが、親父昌幸の若手時代の上司が信玄の弟の武田信繁。
とても優秀な人だったようなので、昌幸が次男の名前として拝借したのかな?
ところでゲームだと信繁が信玄の側近をしてるが、史実だと親父の方。
「昌幸は我が眼の如し」と信玄から言われるほど親父さんは信頼されてた。
URL : 編集
家康がもっとも恐れた男真田信繁

世間「え、誰?」

幸村

世間「ああ」
URL : 編集
だから気がするって言ってるだろ
何をそんなにムキになっとるんや
それ言ってみたかったんか?
URL : 編集
No title
初機器。
URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ピカ太郎

Author:ピカ太郎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。